RIO×吉中さん座談会_後編

Rio-吉中座談会(後編)

前編を見る
オールとっとりドットコムのテーマ曲「僕らのメロディー」のボーカリスト、Rioさん。透明感あふれる声とスレンダーな外見とは裏腹に、人懐っこい笑顔が魅力の彼女。
今回、ユニット「Rio×TAICHI YOSHINAKA」として、制作を振り返りながら、プロジェクト参加の経緯と今後の活動についてお話を伺いました!
座談会インタビューの様子
ーーー「僕らのメロディー」での今後の展開もお付き合いいただきたいとは思うんですけど、「RAVE」でも今後も活動はしていくわけですよね?
Rioさん
そうですね。定期的には…うーん、2 か月に1 度はライブするんですけど、なかなか「RAVE」の本拠地である鳥取市はライブをするところが少なくて。だからもっと活動してますよ!って発信していく場所は欲しいです。
ーーーそうですか。あの、そんなときにはぜひ、ここの「イベント情報」というところを活用していただいて、ライブやりますよとか発信していただけると…。
Rioさん
あ!ほんとだ! ( 笑) やりますやります!これで知ってもらえたらお客さんも来やすいですね!
ーーー確かに、おっしゃる通り、鳥取市で音楽活動するっていっても、なかなか場所がないんですよね。
吉中さん
米子の方は結構音楽は盛り上がっているのに、なんででしょうねぇ。頑張っているんですけどね。
Rioさん
知っている人も少ないですしね、イベントやっているって。
ーーーライブ以外の活動では、FM 山陰の「あまばん」等のコンテストに参加されたりもするそうですね?
Rioさん
はい。「あまばん」では、前々回のコンテストでは最終選考まで残れて嬉しかったです。 それに、応募するとラジオでも流してもらえるんですよ。友達からも「ラジオで聴いたよ!」って連絡がもらえたりして。 コンテストももちろん大事ですけど、とにかく聴いてもらうっていうことが大事じゃないですか。だから「応募」します!これからも続けます!
座談会インタビューの様子
インタビューの様子
ーーーラジオもそうですけど、今の時代だと「発信」っていう意味ではSNSを使ったりもしますけど、RAVEのTwitter もあるんですよね?
Rioさん
そうですね~、あれも、、でも、いやいや始めたんですよ。(笑)
ーーーどうしてですか?
Rioさん
(SNS は)だまされるのが怖くて(笑)。私だまされやすいんですよね。
吉中さん
だまされやすいよね。
Rioさん
すぐに人の言葉に騙されて、冗談を言われても「え!そうなの?」って(笑)
吉中さん
僕が、冗談で異次元から届いたような不思議な内容のメールを送ったら、Rio さんががほんとに異次元に迷い込んでしまったと思い込んで。
ーーーえ????
吉中さん
で、自分がおかしくなったかと思ってみんなに電話かけて。(笑)
Rioさん
そうそう。
吉中さん
平行世界とかって。知りません? (笑)
ーーー平行世界ですか?何ですか? (笑)
吉中さん
そういうアニメがあって、異次元とか平行世界とかが出てくるんですよ。それをRio さんから教えてもらって。見てみたら僕のほうがハマってしまって。そういう話を冗談でふったりするんですよ。
座談会インタビューの様子
インタビューの様子
ーーーアニメといえば、「RAVE」でもアニソンとか演奏されてますよね?
Rioさん
「RAVE」では、ライブの時はオリジナル曲をやってます。その中にカバーの曲を1 曲織り交ぜてみたりするんですけど、 その時にはアニソンから持ってくることが多いですね。客層が若い時なんかは、その子らにウケるかな?っていうのを選んでみたり。
吉中さん
そういえば鳥取を「アキバ」みたいにしたいって言ってたね?
Rioさん
あ、したいしたい!!
吉中さん
ライブに来たらみんなでコスプレしたいとか。まずそれを一番にしたいって僕とも話してて。
Rioさん
あーー、そうそう、したいです~!
吉中さん
もうじゃあ、ここ(オールとっとりドットコム)を使ってアニソンフェスとかプロデュースしちゃったらいいんじゃない?
Rioさん
いいですね(笑)
ーーー最後に、Rio さんが今後、「RAVE」や個人での活動も含めて、こうなりたいっていう希望はありますか?
Rioさん
そうですね、まずオリジナル曲はもっとみんなに知ってもらいたいですし、もっとライブができる場所が欲しいです。自分を発信できる場所が欲しかったので、今回、参加させてもらえてありがたいです。ぜひ、これからも一緒に何かできたらなと思っています。
今後も、オールとっとりドットコムは、吉中太一さんとRioさんのご活躍を応援していきます!
座談会後編
RAVE紹介
突金山

特集記事一覧

鳥取県花火大会特集
鳥取県で有名な花火大会といえば「鳥取しゃんしゃん祭 市民納涼花火大会」や「米子がいな祭大花火大会」ですが、鳥取県の花火大会はそれだけじゃない!その他の花火大会を早見表で紹介。この夏はいろいろな花火大会…
OGK特集
TSKめざましテレビの企画「めざましテレビ25周年企画 日本つながるプロジェクト」。2020年の東京オリンピックへ向けて、1964年の聖火ランナーにちなんで全国のキラキラしている人達「キラビト」がラン…
ドローンで空の産業革命_有限会社トータルフィット
今年2月に開催された平昌オリンピック。開会式での壮大な光の演出は圧巻でしたね。実は、このパフォーマンスはコンピューターで制御された1200個以上のドローンが描いたライトショーだったこと、知ってましたか…
トップへ